DJ YASU OFFICIAL BLOG

2018/07/19

スタジオでのミックス作業の魅力 レゲェのヴァージョンについて〜仮説

スタジオでのミックス作業の魅力 レゲェのヴァージョンについて〜仮説

スタジオでのミックス作業についてアップします!



こんにちは。VIBESRECORDS代表のDJ-Y∀SUです!
7インチシングル裏面のインストのことをレゲエではヴァージョンと呼ぶ事について調べていたら、面白い動画に辿り着く事が出来ました。おそらく70年代の映像です。
スタジオでの録音ってこんな風にされていたんだね。
サウンドシステムでかけるために、その場でレコードを作っていたという話を聞いた事があります。
それはそうと、スタジオでのミックス作業が人間臭くて、音楽やっている感じがするなあ。オープンリール味があるし、音がぶっとい。





結果、ヴァージョンって言葉は、インストゥルメンタル・ヴァージョンという表現を短くしただけなのかなという仮説を立てました。レゲェの7インチシングルレコードの裏面にインストって書かれている盤は、ほとんど見たことがないのですが、インストゥルメンタル・ヴァージョンという表現方法はあったと予測できるからです。

音楽はそれぞれのジャンルにより色々な背景があって面白い。
レゲェのセレクターとdJのスタイルが、ヒップホップミュージックでMCがラップするスタイルの元になっていったというし、それぞれの音楽がリンクして繋がって行くところが面白い。知れば知るほどワクワクする。

音を聴いて何らかの影響を受けて、誰かが新しいものを作るわけだから、自然と色んな要素が組み合わさるんだろうな〜と思います\(^o^)/





東京のDJスクール/サンプラースクール VIBESRECORDS バイブスレコード
〒155-0033 東京都世田谷区代田3-14-14-101 >>Google Map

0 件のコメント:

Translate

サイト内検索

月別アーカイブ