2017/10/23

Cassette Store Day

Cassette Store Day

カセットストアデイが始まりました!


10月14日は「Cassette Store Day」でした!

現在日本で頻繁に開催されているレコードストアデイに続き、カセットの良さを伝えようとする動きが活発化しています。

音質が独特で、中に収録している曲もとても良く聴こえるので、個人的にはテープゴリ押しです笑


ただ、リアルタイムでテープやレコードなどのアナログ音源を体感していない世代の方は、流行しているから手に取ってみるだけだと、楽しみ方も分からないままになってしまうと思います。ですので、この様な魅力を伝えてくれるイベントや大きな動きが出てきたことにより、テープやレコード、音楽に物として接する事が初めての方にとって、特に良い機会がやって来たのではないかと僕は感じています。


僕のブログに関しては、イベントだけでは伝わりきらないような、
僕から見たレコードやカセットへの特別な思いを投稿していければと思います。


カセットを再生した様子→カセットは物だから、再生機に入れて再生ボタンを押す。




カセットはジャケット等をオリジナルで好きなようにデザインすることも可能。→


ジャケットにデザインを施したミックステープの写真です。


↑デザインにより、愛着が湧いたり、聴くのが楽しみになる所が良いです。


カセットの話をすれば、ラジカセも出てきます。


中学の頃使っていた一体型のラジカセは、CD、ラジオが聴けたり、ダブルカセットテープスロットがついたもので充実していました。DJに興味を持ち始めた高校生の頃は、ターンテーブルを持っていなかったので、ラジカセの一時停止ボタンを使って曲の好きな部分だけ録音してくっつけるのがDJみたいで面白いと思ってやってました。ミックステープを作って友達にあげたりしていて、ターンテーブルがなかった時はそれでも最高に面白かったです。カセットは最近でも比較的手頃な値段で簡単に手に入ります。ラジカセも小さいものはよく見かけます。機材やテープの種類により音の良し悪しがありますが、カセットやラジカセは、流行のI podやファイル再生機の持つ便利さに負けるとしても、それらにはない良さを沢山持っています。興味のある方は体感してみると良いと思いますよ。


初リリースのミックステープ、そして2014年にリリースさせてもらった僕のミックスもカセットテープで発表させて頂きました!詳しくは作品(http://blog.djyasu.com/p/work-discography.html)よりご覧下さい!DJ目線で見たカセットの魅力について、これからも発信して行きます!


【関連】大ラジカセ展→http://blog.djyasu.com/2016/12/boom-box-and-cassette.html




0 件のコメント: