2017/09/20

【映画】スティールパンの惑星

【映画】スティールパンの惑星

「スティールパンの惑星」が公開されます!






スティールパンの音色を聴くとグアテマラの旅を思い出します。現地ではラジオをつけると必ずと言っていいほどスティールパンが使われたリズムが流れていたから懐かしい!! 

それはそうと、予告編の冒頭にある 「音楽が暴力から救ってくれた。」という言葉が印象に残りました。
 以前翻訳したスクラッチとDJのドキュメンタリーの中でのインタビューで同じようなことを話していた元ギャングで元囚人のDJがいたのですが、彼は「ヒップホップに夢中になれたおかげで監獄から出ることができた」ということを言っていました。

事実夢中になることが出来ることは、本当に素晴らしいと思います。
時間も忘れて打ち込む何かを見つけられること、それに出会えることは、ある意味幸運だと思います。

それを自分に置き換えて考えてみると、もし音楽に出会っていなかったら、DJに出会っていなかったら、どんな人生を歩んでいたのかと思います。音楽が自分の人生に与えた影響と、もたらしてくれたものは計り知れないです。音楽の仕事をさせてもらっていることに感謝しています。

 そしてスティールパンを使っているグループの紹介です!「BACAO RHYTHM & STEEL BAND」をご存知ですか?新譜が出ていて、スティールパンとヒップホップが見事に融合された音楽になっていてとても良いです。ディスクユニオンのサイトにグループの紹介があったので引用させてもらいます。

 ドイツを拠点に活動するスティールパン・ファンク・バンドBacao Rhythm & Steel Band(BRSB)は、マルチ楽器奏者のBjorn Wagnerを中心に結成。トリニダード・トバゴに滞在中にスティール・パンに魅せられたという彼はそのサウンドを本国ドイツに持ち帰り、自身のヒップホップ/ファンク・センスとブレンド。その結果、ドラムブレイクの塊とスティール・パン独特の音色が混じる、アンダーグラウンドでエッジの効いた唯一無二の音楽を作り上げたのです!


また改めてレコード紹介しますね\(^o^)/

映画楽しみです!


公式ホームページはこちら

0 件のコメント: